久しぶりの喫茶店

最近喫茶店という言葉が、消えつつあることに、寂しさを感じます。

昔、美味しいコーヒーを飲みたいと思ったら、必ず行くところでした。仕事で、人と会うのも、パフェを食べるのも、友人同士で、おしゃべりするのも喫茶店でした。今のスタバに行くとか、マックに行くとかそういった感覚のところでしょうか。この間たまたま昔風のお店を見つけ、入りました。モーニングが注文できる時間だったので、懐かしさから、すかさず頼むことにしました。定番の厚切りトーストとゆで卵、サラダにハム。タイムスリップしたような思いで、頂きました。周りを眺めると、同年配の人の多いこと。忙しさから解放されて、ゆったりした田舎で過ごす時間でした。
 某有名メーカーのドレッシングに微細な金属繊維が混入した可能性があるため、21万本自主回収しているとネットニュースで見かけました。やはり安全確保が最優先、混入物でケガ人がでないとよいですが。

 混入問題からズレますが、ここ数年ドレッシングを買っていません。ポン酢やめんつゆ類もです。サラダは家にある調味料を配合してちゃちゃっと和えますし、ポン酢も手作りするので必要なくなったのです。また市販のドレッシングは味が単調なのでいくつか買い揃えていましたが、手持ちの調味料で工夫すれば味は無限大で、しかも自分好みにアレンジできます。

 それに、底にちょっとだけ残ったままの瓶が冷蔵庫に増えるのがイヤなんですよね。

 でも、先日鹿児島のお土産でいただいた黒酢入りドレッシングはとっても美味しかったので、ご当地ものはやっぱり購入しちゃうと思います。

http://xn--cckd0bsw8a2a6bf2ewpva6h.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です